現在、製缶から組立まで一貫したものづくりを依頼して頂く事が多くなっています。切断から、溶接、仕上げ等、どの工程も気を抜く事はできません、少しの甘えは、ガチャガチャな製品を生んでしまいます。自分に厳しく、情熱を持って物づくりを楽しんでいます。