何か新しいことをスタートさせる時には、自然と心躍ります。仕事でも趣味でも、最初の頃はただひたむきに没頭できるものです。

この”ひたむきに”という心の持ち方は、ややもすると忘れてしまいがちな思いではないでしょうか。

たとえば職場で、「この仕事は自分に向いていない」「会社の体制が自分には合わない」と嘆いている人がいます。しかし、そのような生き方に対して、日本を代表する鮨職人の小野二郎氏は言います。

「自分に合う仕事なんてないですよ。仕事に自分が合わせなきゃいけないでしょう。だって、まるで経験のない人が、あれもダメ、これもできないと言っていたら、やる仕事なんてありませんよ」

氏は、「与えられた仕事が天職だと思って、一所懸命修行すれば、誰でも一人前になれる」と檄を飛ばします。

自分の仕事に取り組む姿勢を、改めて見つめ直してみようではありませんか。

 

『職場の教養』より