脚本家の小山薫堂氏は、「人間のやる気の源は、未熟な自分がこれからどれだけ伸びていけるかという、”伸びしろ”にある」と言います。

小山氏の多彩な業績に対し、人から「運がいい」と言われるそうですが、もちろん他人には見えない努力あっての結果です。周囲にアンテナを張り、まずは小さなチャンスを自分に引き寄せる意識を持つことから始めているといいます。

私たちには「自分はもう限界だ」「時代に取り残された」と感じた瞬間、伸ばすべき点が明確になったと前向きに考えるべきでしょう。

「限界を超えよう」「時代に追いつこう」という努力の方向性が明らかになるのは、わかりやすい道行きができたと捉えるべきです。

自分の「伸びしろ」は他人が決めるものではありません。本人の努力に比例してその幅が柔軟に変化するものなのです。

それには自分の可能性を信じることが何より不可欠です。そして自分の周囲に鋭敏なアンテナを張り、チャンスを自分に引き寄せる姿勢を保っておきましょう。

 

『職場の教養』より