四月に社会人になった皆さんも半年近くが経過し、社会人としての言葉づかい、お客様との接し方などを学んできたことでしょう。職場の上司や先輩を見習う事で、仕事のしくみを理解して基礎となるものが身に付きつつある頃です。

職場人は、その道のプロフェッショナルである自覚が必要です。昨今の厳しい経済状況の中をたくましく生き抜いていくためには、自己の限界に挑戦していく気概を持つことが重要です。

自己の所属する部や課の目標を理解し、その達成に向かって積極的にチャレンジするのです。『なんとしても社会の役にたちたい、誰にも負けないぞ』という「高い志」で前進して初めて、自分の限界も見えてきます。

自己の限界を見据えて仕事に打ち込んでいる皆さんを、周囲の先輩は常に応援してくれているはずです。そのようにして、自己の仕事のスタイルを確立した人は、困難に直面した場合でも、余裕を持って対処できるようになります。

チャレンジなきところに、成果や成長がにことを知りましょう。

 

『職場の教養』より