お客様への接客力を最重要視するA料亭の女将は、「接客の極意は三匹の『タイ』を育てあげることです」と言います。その「タイ」とは「認められタイ」「誉められタイ」「お役にたちタイ」という三匹の「タイ」です・

私たちには「他人より目立ちたい」という自己顕示欲があります。上司や同僚に「認められタイ」という自己顕示欲はその一例ですが、それだけで満足していては、自己の接客能力の向上はありません。

さらに「誉められタイ」との思いで、与えられた仕事に取り組んでいくことで、様々な気づきや接客能力も向上し、お客様に満足を提供できるのです。

これら二匹の「タイ」が育てば、必然的に「お役にたちタイ」という心が育っていきます。心の中に三匹の「タイ」が揃うことが接客力には重要なのです。

自らの利害はさておき、お客様に「喜んでいただきタイ」「元気になっていただきタイ」「活力をあたえタイ」など、心の中の「タイ」をたくさん育てることが本物の接客態度となり、お客様との絆が強く結ばれていくのです。

 

『職場の教養』より