私たちの生き方は百人百様で、受け止め方も同じではありません。百人いれば百の考え方や思いがあるからです。

受け止め方はおおよそ二通りに分けると、人生が楽しいと思う人と、苦しいと思う人になります。その二通りの人たちをじっくり観察する時、とても興味深いことに気づかされます。

「人生は楽しい」と思う人は、楽しんで仕事ができるように工夫をし、家族と触れ合い、自分だけでなく皆が楽しめるように努力しています。

逆に「人生は苦しい」と思う人は、楽しくする努力をしないばかりか、気ままで自分勝手な行動ばかりしているようです。

自分の意識とは違うところで、不運にも苦しい目に遭ってしまう場合もあるでしょう。そのような時こそ、なおいっそう、一所懸命に生きていくことが大切なのです。「自分も周りの人たちも幸せになるように」と考えることです。

一日の積み重ねが人生であり、幸も不幸も自分自身が決定しているのです。

 

『職場の教養』より