人間の行動は、本能と理性によってコントロールされています。

ところが、把握しているはずの自分という人間が往々にして制御不能に陥ってしまうことがあります。頭では理解していても、実際にはそのように実行できていないという場合です。

たとえば、『明るく、前向きに生きよう』とは思っていながら、気持ちが沈んだままの時があります。あるいは、反省したにもかかわらず、同じような失敗を繰り返してしまうこともあります。

こうした場合、「意志が弱い」とか「優柔不断だ」などと、自分の性格・性質的な部分を責めてしまいがちです。しかし実は、日常生活の乱れた態度や習慣に起因していることが少なくありません。

ダラダラとした暮らし方をしていると、心のスイッチも体のキレも鈍くなってしまします。起床時間の見直しや部屋の清掃などから生活環境を整えて、心も動作も張りのある状態を維持できるよう、生活習慣を改善していきましょう。

 

『職場の教養』より