2009_0327tokyo0006.JPG

TIG溶接機を使いSUS316ステンレス配管を組立・溶接しています。スリーブとスリーブの隙間が少ないため、気を使いながらの溶接です。銀ロウ入りスリーブのため、余分な熱は加えれません。